Bizmaru

原田泳幸氏から学べること~質の高い人から質の高いことを学ぶ~

残業なしを早くから導入

スーツ

人生には自分ではわからない様なことがたくさん待ち構えており、大人になっても錯綜している人が多い世の中になっています。そんなご時世となった今でも、世界的に見ても輝かしい功績を残すことが出来た人として原田泳幸がいます。肩書もかなりのものであり、米国アップル・コンピューター社副社長・マクドナルド取締役・株式会社ベネッセホールディングス取締役・ソニー株式会社取締役というものがあります。人にとって人生は一度きりのものですが、一度の人生で4社の重役を任されたことがある人というのは世界中をみてもそんなに数はいないはずです。また、一つ一つの会社が世界で活躍する一流企業であるということも大切なことです。MACからマックもビックリですが、IT業界や食品業界など業界の壁を乗り越えて活動しているのもかなり凄いことです。実績や経歴であれば日本でもトップクラスの実力です。

原田泳幸は数多くの事を実現したことでも知られています。いろいろと革命を起こして来たからこそ各業界から引く手数多の活動をすることが出来るのです。原田泳幸がやってきたことの中で注目を集めている事柄の一つに残業を禁止させたことがあります。日本人は真面目な気質をもっているので、質を高めることや与えられた仕事に無我夢中になってしまうがばっかりに残業をすることが当たり前のようになっています。過労死という問題が社会現象になるほどで、真面目であるが故に心配されることも多かったのです。原田泳幸は、6時以降の残業を禁止するということを高々と宣言したのです。今までの評価基準は働いた時間で評価されることが多かったのですが、この宣言によって効率を重視した評価へと変わりました。その理念をいち早く導入したというのはとても凄いことです。いろいろな事をした人ですが、残業禁止を宣言したことは今でも高く評価されています。

日本のアップル仕掛け人

オフィス

日本は世界中で比べてもアップル製品を数多く使っている国です。1990年代までほとんど人気のなかったアップル製品を知らしめる事ができた要因の一つに原田泳幸という人物が関わっていたのです。

マック業績回復の立役者

ノート

マクドナルドは2000年代初めまで業績不振に陥っていましたが、原田泳幸が社長になってからは8年連続業績が上昇しました。100円マックやメイド・フォー・ユーなどの戦略を打ち出し革命を起こしたことで回復に成功したのです。

継続と全力を出す力

人差し指

原田泳幸は継続する力と全力で物事にあたる事に優れた人物です。決めたことをしっかりと成し遂げます。一つの武器を極限まで磨くことで手に入れた力もあるので、物事は継続して行なうようにしましょう。

新たな視点から物事を見る

ノートPC

原田泳幸は新しい観点から物事を見ることに長けた人物です。観察する力と考える力、分析する力を合わせることでいろいろな業績を残すことが出来ました。新しい観点から物事を考えられるような人物になりましょう。

Copyright(C) 2015 原田泳幸氏から学べること~質の高い人から質の高いことを学ぶ~ All Rights Reserved.

GO TO TOP!